ある出会いと別れ

去年、播州龍野に旅をしました。寅さん仲間が、絵の個展を鶏籠山のふもとで開催すると聞いて、

 

サプライズ登場!

 

小一時間ほど昼食しながら歓談して、ひとり龍野の町を歩いていたとき、

ばったり出会った、マドンナ。東京から一人旅をしているのぞみさん。「寅さん?」と声をかけられたのが始まりで、

二人で町を散策し、「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」  の名場面を再現撮影。

播州そうめんを食べて、

夕暮れの駅で別れました。

暮れも近づく11月、葛飾柴又で行われた「寅さんサミット」。寅さん好きが全国から集まるこの場所で再会。そして乾杯。

 

「今、就活中なんですよ。いい仕事ないかなぁ・・・。」

「散髪の免許取ったら雇ったるで」

そんな、冗談のような会話が琴線に触れたようで、押し迫った年末にメッセージ。

「職人として、腕で稼ぐ現場を肌で感じてみたいんです。お店手伝いに行っても良いですか?宿泊費用の何もかも自前で行きますし、給料も要りません!」

「年末は忙しいから、願ってもない事。よろしくお願いします。」

 

一人で仕事していたHAIRZSHINに助っ人参入。どれくらいの働きが出来るのか心配していましたが、持ち前の、人当たりの良さと気配り精神、ファイトとガッツで、やったことのないサロンワークをドンドンこなし、私を驚かせまくったのぞみさん。

お客様満足度も上がりっぱなし!掃除も行き届いて店中がピカピカ。段取りも確実で私のサロンワークがスムースに進む進む!

年末の4日間と年始3日間働いてもらって、私はずいぶん体が楽で、お店の評判はすこぶるよくて、言うことなしだった、、、。

 

しかし、新たに決まった就職先で勤務が始まるので、のぞみさんは東京へ帰って行きました。

 

旅先で仲良くなったマドンナが、突然柴又のとらやにあらわれててきぱきと店先を手伝う。みなさん大助かりで楽しいひと時を過ごすけど、マドンナはいずこかに去ってゆく。。。って言う映画さながらの体験ができた年末年始でした。

 

あぁ、散髪屋さんっていろんなことあるもんですね。

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です