ふとんを掃除機で

この月曜日に、この季節、とっても気になるアレを処理しました。

そう、布団に住んでる『ダニ』とその亡骸。

 

助手は、夏休みで暇してる高3の次女。

 

昼食後、

「よっしゃ、やろか!」

『うん』

即決で始まったクリーン作戦!

 

敷布・掛布・シーツ・マットレス他を、家族4人分。

一部屋を作業場に決めて、かわるがわる持ち込んでは、裏と表を、○イソンより強力と言われるドイツ製のスーパー掃除機(かなり重め)を使ってモリモリ吸い出します。この際、布団の中ほどは良いんだけど端っこに差し掛かると吸い込んじゃうんですよね、わかります?

だもんで、端っこ押さえ役と二人でやるのが効率良いんですわ。

 

とはいえ、手間と時間のかかる仕事。一人分終わるころには汗があごからボタボタ。選手交代して続行!

けど、端っこ押さえ役も、裏返したり搬出搬入で汗びっしょり。どっちもかなりハードワークですわ。

 

二時間後、四人分終わっても、この際ついでと、ぬいぐるみやカーペットも行きまくり。

 

最後に、スーパー掃除機をパカッて開けたらなんと、白い粉(ダニの死骸・汗の塩)や毛玉、髪の毛がこんもり。野球のボール二個分ほども溜まってました。お、おそろしぃ、きちゃない、、、やってよかったぁ。

 

 

作業中、疲労と暑さで体が鈍くなってきて休みたくなった時、ふと、次女が居ない、、、。

(休憩?暑いししんどいしな、無理もないわ。)と思ったら、コップに冷えたポカリスエットを入れてきてくれて『はいっ。』

ちょっとこれ、、、今年で一番うれしいんちゃうん?

 

掃除って、気持ちいい!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です