才能

K大学のバイオのT教授の散髪。

「だれでも得手不得手がありますねぇ」という話題から、

「僕はパソコンとかスマホは全然できない、というか、覚える気がないんです。」とT教授。

「いいじゃないですか。不得手を伸ばそうなんていうのは小学生の発想なんですよね。不得手の30を40にする努力するなら、得手の1000を1010にしていただく方が世間の役に立ちますよ。いまさら30を40にしなくても50くらいの人いっぱいいてるんで任したらいいんですよ。その点、私なんかは30とか60とかしか持っていないんで何を伸ばしても大して変わりません」

「散髪屋さんって、人を安心させる能力が高いですね」

楽しいひと時でした。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です