神様の贈り物 Y君の話

実家から東大阪へ通勤してたY君。(彼のエピソードはこの記事の最後辺りに)

この度、実家を離れて職場近くに一人暮らしすることになってお引越しに追われててんてこ舞いな中、挨拶に来てくれました。

『これ店長に。お酒とか全くわかんないんで、お店って言っても帰りにはドンキかスーパーしかないもんで、適当に選びました。』

はい、ワタクシワイン大好きです!ありがとうY君。なんて気持ちの優しい男!

『で、こっちは竹田さんにお菓子を。店長だけ渡して竹田さんなんも無かったらあれかなって思って。』

なんて気の利いた男になってくれたんだろうね、ほんとに。

おもえばY君とは10年くらいの付き合いかな。あの頃は、人と話すのが苦手で、出来れば誰ともかかわりたくない、ってな感じだったのに、でかくなったなぁ。ワタクシなんか、なぁ~~~~~んも変わっとらんのにね。

 

あー、今日も幸せなお酒に酔いしれようっと!!!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です