時空移動の顛末

先週、新大宮のある場所と、うちの風呂場の時空がつながった件。距離にして約20km。事故と事件の両面で操作が進められました。

概要は。

月曜23時ごろ、新大宮で三件目のお店のスナックで、カラオケ熱唱していた私。立ち上がって盛り上がってる次の瞬間、時空がつながってうちの浴槽にいてました。風呂を出てパジャマに着替えて居間で寝たのが火曜4時ごろ。

 

捜査が進むにつれ目撃情報が。

・帰ってきた時、(タコのように手足をクネクネさせて)こんなんなってたで!(長女)

・朝起きてきたら、居間で倒れてたやろ?(次女)

・あんなケイゾウ、見たことないわ!(組合関係者)

・『あと15分後に東生駒駅に(迎えに来て)』って電話して来たから行ったったのに待ってても全然降りてけぇへんし、寝過ごして難波行ったんちゃうか思って電話しても全然出ぇへんし。やっと電話出たら『俺そんな電話したっけ』って言うし。腹たって帰ったわ!(嫁)

これ以上は怖いので、操作は打ち切られました。

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

次の記事

理容師の競技