30年たっちゃったVOL4

小さいころ、父の仕事場に顔を出すのが好きでした。珍しいものがあってテレビがついててエアコン効いてて、過ごしやすい空間だったから。ただ、父はあまり歓迎の顔はしませんでした。ちょこちょこ邪魔するのがお客様の迷惑になると感じて […]

30年たっちゃった・・・Vol3

 住み込み先から実家に帰って心がリフレッシュ、っていうルーチンも、1年ぐらいたったら無くなってました。って言うのは、仕事に馴染んできたからなんですよね。なんというか、仕事から逃げたいと思うような心が消えたんでしょう。   […]

30年たっちゃった・・・Vol2

修業先は大阪・堺筋本町の理容マコ。オフィス街の立地なので平日営業、土曜は夕方閉店・日祝休みの店でした。   その半年後に、兄がここ萩の台駅前で開業して忙しい日々が始まったんです。修業中の僕も助っ人として、土曜の夕方萩の台 […]

予選突破とカミソリ研磨

30年前の理容学校は、カミソリ研磨と言う実技科目がありました。カミソリを砥石にゴシゴシこすりつけて、切れ味のいい刃を付けるんです。刃物のいろはを基礎から身に付けることは、良い職人になるための必要条件なんですよ。 あ、現在 […]

30年たっちゃった・・・Vol1

19歳だった私。理容学校を卒業後、大阪の店に就職しました。 当時は「住み込み」と言って、師匠の家の一間を間借りして住まわしていただきます。衣食住こみでお世話になって、その分を案分されて月給は6万円ナリ。そのうち4万円は強 […]